ランニング中のサングラスは日焼け対策に必須!賢い日焼け止めの選び方とは?

ランニングは外で行うスポーツですので、常に紫外線に晒される危険性があります。

健康のためにはじめたランニングではつらつとした健康的な美ジョガーを目指していたのに

気が付けばしわやシミだらけなんてことになりたくないですよね

実際日焼け対策を侮っていた友人はシミが増えてしまい美白化粧品に相当出費する羽目になりました。

これを読んでくれているあなたにはそんな風になって欲しくないのでここではランニングをする時の日焼け対策をご紹介いたしますので

是非これを機に日焼け対策をしましょう!

 

日焼け対策しないとどうなる?

世界的にみてこんなに美白にこだわっている国はあまりないと言う事をご存知でしょうか

諸外国では小麦色の肌が健康的で美人の条件にもなっているほどなんです。

とくに日本人の肌は紫外線を浴びてからシミができるまでの時間も短くあっという間にシミだらけになってしまいます。

そして、シミやしわの原因の約65%を占めるのが「紫外線」なんです。

そんな紫外線を浴び続けたら美ジョガーどころかシミしわおばあさんになってしまうんですね。

 

日焼け対策方法

日焼け対策の方法間違っていませんか?

せっかく日焼け対策に取り組んでいても方法を間違うと効果が半減されているかもしれません。

実は私は暑さと汗と闘いながらの日焼け対策がめんどうくさくて対策せずに真夏のマラソン大会『北海道マラソン』へ向けて走り込みをしていました。

見事に真っ黒になり、色が抜けるまでしばらくかかったのですが幸い今の所シミは出来ていません。

が、しかしシミの予備軍はうっすらと見え始めています。

このままではヤバいと思い今は万全の体制で走るようにしています。

ランニングに使える日焼け止めの選び方

走らない人でも夏に欠かせないのが日焼け止めです。

日焼け止めに書かれているSPFとPAの意味をご存知でしょうか

・「SPF」とは…Sun Protection Factorの略で、紫外線B波の防止効果を表す指標
・「PA」とは…Protection Grade of UVAの略で、紫外線A波の防止効果を表す指標

 

日本化学工業連合会より引用

https://www.jcia.org/user/public/uv/prevent

上記のように生活シーンに合わせた数値の商品を選ぶようにしましょう。

また、重要なのは汗に強いウォータープルーフタイプを選ぶことです。

ランニングでは大量に汗をかきますしこまめに塗りなおすことも難しくなりますので汗や水に強いスポーツにおススメタイプを選びましょう。

また、日焼け止めには大きく分けて「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の2つがあります。

この2つ違いを覚えておくと便利でしょう。

紫外線吸収剤とは、紫外線を吸収してくれる成分です。

紫外線を受けると科学反応を起こし、その紫外線を吸収します。

サラサラしていて着け心地が良いので使いやすいのですが、一定量以上の紫外線を吸収してしまうと、肌に成分が残っていても効果がなくなってしまいます。

一方紫外線散乱剤と言うと、紫外線を反射してくれる成分となります。

肌に届いた紫外線を盾のようにはじいてくれますので肌の上に日焼け止めが残って居るかぎり、紫外線を反射し続けてくれます。

そのため、しっかりと肌に留まっていれば効果を発揮してくれますので紫外線散乱剤の方が、長時間走るときには安心です。

具体的には「ノンケミカル」「紫外線吸収剤フリー」などと書いてあるものを選ぶとよいでしょう。

日焼け止めにサングラス

帽子もかぶってサンガードしたからサングラスはしなくてもいいよねと思ったそこのあなた!

実は紫外線が目から入っても肌が焼けてしまうんです!

また、ランニングを行う際にもサングラスをしていると疲労を軽減してくれるなど嬉しい効果がたくさんありますので

日差しが強い日には積極的にサングラスをしましょう。

サングラスを選ぶ際にはUVカットは勿論のこと、実際装着してみたときのフィット感と重さがとても大事です。

マラソン大会にでたりすると4時間5時間サングラスしたままの状態となります。

すこしでも違和感やきつさを感じると徐々に負担となり頭痛などランニングの妨げにもなることがありますので顔の横部分や鼻の部分は違和感のないものを選びましょう。

高いサングラスの方がいいのかなと思われるかもしれませんが安くても問題はありません。

実際私が使用しているサングラスは2000円台で購入し、3年も変わらずに使用しています。

すっかり傷だらけになりそろそろ買い替えを考えていますが、逆に愛着が湧いてしまいなかなか変えられずにいます。

視界はやや見ずらいです。(^_^;)

そんなわけで値段やメーカーよりもフィット感で選びましょう。(でもオークリーとか恰好よくて憧れてます)

ランニングに必需品の帽子

日焼け対策として基本の帽子です。

また日焼け対策以外でも帽子は汗を吸収してくれたり雨の日には雨が目に入るのを防いてくれたりしますのでランニングの際はぜび帽子は着用してもらいたいところではあります。

ランニングキャップを選ぶ際には通気性の良いものを選びましょう。

夏のランニング用の帽子を選ぶには

夏のランニング用の帽子を選ぶには

速乾性のあるドライ素材通気性の良いメッシュ素材になっているものやUVカットや光を反射させる素材のもの

軽くて吸水性が良いもの選ぶと良いでしょう。

帽子の色についてはランニングウェアの色によってファッションを楽しみたいと言う方もいると思いますが

ランニングウェアの色によってファッションを楽しみたいと言う方もいると思いますが

日光の反射し熱がこもらない効果がある白色や明るい色がお勧めです。

黒は熱がこもってしまう欠点がありますが紫外線を吸収する働きがありますので通気性の良い素材を選ぶと良いでしょう。

帽子をかぶる事は顔の方だけではなく頭皮頭髪の保護になりますのでランニング中の帽子着用は必須といえます。

ランニング中の日焼け対策に日よけサンガード

帽子だけではカバーしきれない首元の紫外線対策にかかせないのが帽子に付ける日よけです。

出典元Amazon

走りながらネックウォーマーをすると言うのも現実的ではありませんので

やはり帽子に着けることが出来る日よけが重宝します。

私は最初、日差しを避けたいがために厚めの日よけをチョイスしたのですが厚みがありすぎると中に熱がこもってかなり暑くなり

フルマラソンの途中で脱いでしまいました。

ですので、日差し対策も大切ですが暑さ対策も同時に考えてあるていどの通気性が必要となります。

選ぶ際に参考にしてみてください。

 

時間帯を変える

着るものや日焼け止めで紫外線対策をするのも良いですが

いっそ太陽の高くない時間を狙ってランニングするのもひとつの方法です。

朝であれば4時ころから日が昇りますので5時ころから、夕方は7時ころまで明るいので仕事が終わってから走る。

少し早めに夕食の支度を終わらせて、夕方の5時ころからさっと走って来てシャワーを浴びてさっぱりしてから食事をするなど

ちょっとした工夫をすることで時間をつくることが出来ます。

夕飯を食べた直後にはなかなか走れませんので、マラソンに向けて本格的に練習している時には

よく仕事から帰って来て夕食を作って子供たちに「食べててね!」と言い放って走りに行っていることもありました。

もちろん子供たちからは「さみしい」とひんしゅくを買うこともありましたが

それと同時にお母さんが目標に向かって頑張る姿やフルマラソンを完走する姿を見せることで子供たちなりに感動してくれて

お母さんを誇らしく思って貰うことが出来たので

プラマイゼロ!と勝手に思っています。

仕事や家事育児を抱える女性がランニングやマラソンを続けることは大変だと思いますが

走ることが好きになったのなら、時々は休みしながらも是非頑張って続けてもらいたいなと思います。

 

まとめ

  • 日焼け止めはシーンによって選び方が変わる
  • ランニング用には『PA+++以上』『SPF40以上』『紫外線散乱剤タイプ』を選ぶべし
  • 目から入ってきた紫外線でも日焼けするのでサングラスは必要不可欠
  • 帽子・サンガードは通気性を重視
  • 時には涼しい時間帯を選んで走る

夏は暑いし、冬は寒い

外で行うスポーツの宿命とも言えますが、屋内と違って季節の移り変わりを感じながら

また時間帯によっては朝の匂い、夕げの匂い、など様々なものを肌で感じられるのもランニングの楽しさの一つではないかと思います。

紫外線も上手に対策をとって、より快適にランニングを楽しみましょう。